おうちの空気をきれいに保つ! 最新の空気清浄機&24時間換気システムのすすめ

 


皆さんこんにちは。

埼玉県さいたま市で、オール電化や省エネ対策、リフォーム等の電気工事一式を手掛けている石田電気工事です。


新型コロナウイルス感染症拡大の影響が日常生活にもおよび、現在では今後の新しい生活様式が政府より提唱されています。

その中では、手洗い・うがいといった基本的な感染予防への取り組みに加え、屋内の空気をつねにきれいに保つための換気についても触れられています。しかし防犯面を考慮すると、特に夜間に窓を開けることに関しては、短時間であっても抵抗を感じてしまう方が多いのではないかと思います。


そこで今回は室内の空気をきれいに保つために、おすすめの空気清浄機や24時間換気システムの導入についてご紹介いたします。




■最新の空気清浄機事情をご紹介!


まずは、最新の空気清浄機からおすすめの製品をピックアップしましょう。各メーカーから実にたくさんの製品が発売されていますが、ここでは石田電気工事がすすめる空気清浄機を2つご紹介します。



1.SHARPの「プラズマクラスター空気清浄機」


(出典:SHARP公式サイト)


まず一つ目はSHARPの「プラズマクラスター空気清浄機」です。

空気をきれいにすると同時にプラズマクラスターも発生させる点が、この空気清浄機の大きな特徴。プラズマクラスターが菌やウイルスの表面にある細かいたんぱく質を分解・除去することで、いやなニオイの軽減も期待できます。

また、自然界に存在するプラスとマイナスのイオンを安定させるはたらきで、リラックスできる室内環境を整えてくれます。


人は森林の中にいるとき、ストレスの度合いが下がるという実験データがあります。プラズマクラスターイオンは、森林のような豊かな自然の中に存在するイオンと同様の安定した構造を持っています。お部屋にいながらにして、森林にいるようにリラックスした気分になれることも期待できます。


また、専用のスマートフォンアプリと空気清浄機を連携させることで、お住まいの地域の天気やご家庭の生活パターンを空気清浄機が機械学習して分析します。それらの結果から家庭内の状況を判断し、つねに適した運転を行ってくれます。



2.Panasonicの「ナノイー空気清浄機」


(出典:Panasonic公式サイト)


二つ目はPanasonic社の「ナノイー空気清浄機」です。

こちらも空気をきれいにしながら独自のイオン効果「ナノイー」を使用し、安定したイオンを発生。菌やウイルス、花粉やニオイなどにパワフルな効果を発揮してくれます。


また、専用のスマートフォンアプリを使えば室内の空気の状況が分かるだけでなく、空気清浄機の状態まで判断してお手入れ時期をお知らせしてくれるIoT機能も搭載。

お部屋の空気に関するたくさんの情報が「見える」空気清浄機として、これから増えていくおうち暮らしの時間にも、頼もしい味方になってくれるはずです。




■頼れる24時間換気システムも活用しよう



最新の空気清浄機をフル稼働させて空気をきれいに保つことに加えて、ご自宅に24時間換気システムを導入することもおすすめです。


24時間換気システムは2003年7月以降に建てられた建物への設置が建築基準法で義務付けられていますが、それ以前に建てられた建物には設置されていない場合もあります。

おうちで過ごす時間が増え、これまで以上に徹底した衛生管理が必要になってきた今こそ、ぜひ24時間換気システムの導入をご検討してはいかがでしょうか。


また、24時間換気システムが採用された住宅にお住まいであっても、空気の出入り口部分や内部のフィルターにホコリなどが詰まったままだと、うまく換気が行われません。電気代のムダ使いをしてしまわないためにも、数か月に1度のチェックを忘れず実施しましょう。



電気工事全般を行う石田電気工事は、さまざまなメーカーとつながりを持っていますので、ご希望にあわせた換気システムの導入が可能です。

換気システムの導入やコンセントの増設、オール電化の導入など、電気のことならぜひ石田電気工事までお問い合わせください!



<石田電気工事の施工事例>

https://www.m-and-i-ishida.jp/showcase