空調設備の交換で省エネ計画を!

 


ほとんどのオフィスや商業施設では、業務用エアコンを導入されているかと思います。家庭用のエアコンと比べると、業務用のものは冷暖房効果が高いことが特徴です。ひとつのオフィスやビルの中だけでも、何台ものエアコンが設置されているのではないでしょうか。

エアコンは一度設置するとそのまま何年も使用していることが多く見受けられますが、「エアコンの効きが悪くなった」「なにかガタガタと音がする」といった不具合が生じることもありますよね。

そこで今回は、業務用エアコンの寿命や、交換判断のチェックポイントについてご紹介したいと思います。




■知っていますか?業務用エアコンの寿命



総務省統計局が発表している『消費者動向調査』によると、家庭用エアコンの場合、エアコンの寿命は2人以上の世帯で平均13.5年とされています。社内環境や設備を管理する立場にいないとなかなか把握しにくいかと思いますが、業務用エアコンの耐用年数は、10~15年ほどです。よって、家庭用のエアコンと比べてほとんど差がないことになります。

エアコンの寿命をできるだけ延ばすために定期的なメンテナンスを行うことが挙げられますが、長く使用できればいいという設備ではありません。とくに使用しはじめてから10年以上が経過している場合ですと、故障した際に部品を探すのが難しくなったり、一部の部品交換だけで修理費が高額になったりしてしまうことも予想されます。次に新しくエアコンを買い替える時期を事前に検討しつつ、設置したエアコンが予定よりも早く故障しないように、メンテナンスを行っていくといった運用方法が最適かと思われます。




■買い替え判断のチェックポイント



ひとつのオフィスに数台は設置してあるエアコン。買い替えといっても、決して安い買い物ではありません。しかし、数年前のエアコンをそのまま使用し続けるより、新しく設備投資することにより、結果的にお得になることもあります。ここでは、エアコンの買い替え時期の判断ポイントを、2つのシチュエーションでご紹介します。



・購入してからの年数

ここでは単純に、購入にしてからの年数で買い替えのタイミングを考えます。購入から1年後の場合は、メーカー保証期間が適用されるかと思いますので、無償修理で済む場合がほとんどです。

購入から7年未満では、修理と買い替えを比較して検討しましょう。修理費用と新品への買い替え費用がほぼ同額なら、思い切って買い替えをするタイミングだといえます。

購入から9年以上経過している場合では、修理で済まない可能性があるので注意が必要です。エアコンの補修用性能部品は、生産終了からの保有期間が9年間と定められています。9年以上経過しているエアコンでは、修理したくても部品が手に入らない状況も想定されます。

最後に、購入から15年以上経っている場合ですと、買い替えの方がお得になる可能性が極めて高いです。とくに平成12年(2000年)以前に設置したエアコンでは、最新のエアコンに買い替えることで、年間の電気代が半額以下に抑えられるケースが見受けられます。



・故障の内容

次は、故障の内容によって買い替えのタイミングを判断していきましょう。

冷媒温度をコントロールするコンプレッサーが故障した場合は「重修理」に当てはまるため、修理費用が高額になることが多いです。コンプレッサーはエアコン設備の核をなす重要な部品であり、その分部品代や作業費用が高くなる傾向にあります。

室外機から「変な唸り音が聞こえる」「不自然に振動している」といった症状が見られる場合、コンプレッサーが故障していることが考えられます。コンプレッサーの故障が疑われて修理が必要となる場合は、修理費用が高額になることが考えられるため、買い替えも検討した方がいいでしょう。


また、冷媒ガスが漏れている場合も、修理よりも買い替えの方がお得になる可能性があります。冷媒ガス漏れを修理する際には、ガス漏れ箇所を特定するための耐圧試験を室内機や内外渡り配管、室外機の3箇所に行います。その後、特定された箇所に対して溶接をし、再び新しい冷媒ガスを封入するといった修理が行われますが、これらの一連の修理には何十万円もかかってしまうことがあるため、注意が必要です。

エアコンの効きが悪くて冷媒ガスが漏れていることが疑われる場合は、修理と併せて、買い替えも検討することをおすすめします。




■まとめ



今回は、業務用エアコンの寿命や買い替えのタイミングなどをご紹介しました。そこで働く人が快適に過ごすためには、エアコン設備はなくてはならないものです。しっかりとエアコンの寿命や買い替えタイミングを把握しておき、状況に応じた最適な選択をすることが望ましいですね。


埼玉県さいたま市を拠点に電気工事全般を行う石田電気工事は、一般家庭はもちろん、工場や商業施設、大型ビルなどの空調設備工事を幅広く承っております。「エアコンを交換したい」「最新エアコンの省エネ性能を知りたい」など空調設備に関してお悩みの方は、石田電気工事までぜひ一度、お気軽にお問い合わせください!