100Vから200Vへ電圧変更すると何ができる? 電圧の基礎知識から解説

 

最近は「おうち時間」が長くなったこともあって、新しい家電の購入を検討している方も多いと思われます。中には、より高性能でハイパワーな家電を使いたいと考えている方もいるでしょう。そのような時は、家庭の電圧を100Vから200Vに変更するのがおすすめです。ここでは、電圧を変更するメリットや費用の知識をご紹介します。



■100Vと200Vは何が違う?



最初に、そもそも電圧にはどのような意味があるのかを知っておきましょう。電圧とは文字通り電気の圧力のようなもの、すなわち電気を押し出そうとする力のことをいいます。電圧の高さはV(ボルト)という単位で表され、この数値が高ければ高いほど、より多くの電気を押し出せるようになります。つまり、消費電力量の大きいハイパワーな電気機器を使えるようになるわけです。


従来だと、一般家庭に供給される電気の電圧は100V、大量の電力を消費する工場などの電圧は200Vが基本でした。一昔前に建てられた家では、ほとんどが100Vを使用しています。一般的な電化製品も100Vの電圧で使用することを想定して作られており、何も問題はなかったのです。


しかし、最近ではハイパワーなエアコンや床暖房、オーブンレンジといった、200Vで使用する電化製品も登場しています。そのため、200Vの電圧を導入する一般家庭も増えてきているのです。実際に使える電気の量は、100Vだと大体30A(アンペア)程度なのに対し、200Vだと最大120A程度まで使用できます(配線の太さにもよります)。


ちなみに、気になる電気代ですが、「電圧を変えるだけなら」特に変化はありません。電圧はあくまでも電気を流す力であって、消費する電力量そのものではないからです。将来的にハイパワーな家電を使う可能性があるなら、とりあえず200Vを導入しておいてもいいでしょう。



■ご自宅の200Vへの変更は、今からでもできます!



最近は、身の回りのいろいろなものに電気が使用されています。浴室乾燥機をつけたい、IHのキッチンにしたい、エコキュートを導入したい、オール電化にしたい……などなど、夢を膨らませている方も多いでしょう。これらの理想を実現するなら、やはりご自宅の電圧を200Vにするのがおすすめです。


最近建てられた家なら、「単相3線式」という200Vも使用可能な配電方式になっていることがほとんどなので、すぐにでも200V対応の家電を使用できます。一昔前に建てられた家の場合は、100Vまでしか使用できない「単相2線式」になっていることが多いのですが、あきらめる必要はありません。工事を行えば、今からでも単相3線式に変更可能です。


とはいえ、ご自宅の電圧がどうなっているのかわからないケースも多いでしょう。そのような時は、電気工事業者に確認を依頼するのがおすすめです。ちなみに、単相3線式なら100Vも200Vも使用できるので、一部のコンセントだけが200Vになっているお家もあると思われます。一度家全体をチェックしてみてもいいかもしれません。



■200Vへの変更工事にかかる費用は?



100Vから200Vへの変更工事にかかる費用は、一戸建てで10万円~15万円程度です。もちろん実際には、配線の太さやお住まいの状況によっても変わってきます。特に、200Vの配線自体がすでに引かれている場合は、屋内の工事だけで200Vに変更可能です。まずは電気工事業者に相談して必要な工事を調べてもらい、見積もりを取るといいでしょう。


工事によって電圧を変更すれば、家の建て替えや引っ越しをするよりも安く、IHやエコキュートを導入できます。電気自動車の充電スポットの設置や、オール電化への切り替えも可能です。これらに興味のある方や、最新のハイパワー家電を使ってみたい方は、電圧の変更工事を行ってみてはいかがでしょうか。


埼玉県さいたま市を拠点に電気工事全般を手掛ける石田電気工事は、このような電圧変更の工事も得意としています。お住まいの電気についてお悩み事がございましたら、石田電気工事へお気軽にご連絡ください。